うつ病とアルコール

うつ病で睡眠障害などに陥った場合、お酒を飲むことで眠ろうとすることがあるようです。過度にアルコールを摂取すると、アルコール依存症になるおそれがあります。アルコール依存症もまた、うつ病の合併症として知られています。

お酒には、気分を高揚させる作用があるため、落ち込んだ気持ちをまぎらわせることができます。その高揚感を得るために、お酒の量がどんどん増えていきます。うつ病は軽くなったように思われますけど、今度はアルコール依存症の症状が出てきます。アルコール依存症が進むと、お酒をやめたくてもやめられなくなります。

アルコール依存症の症状としては、動悸や手のふるえ、発汗または寒気、嘔吐などです。お酒を飲んでいるときは症状がおさまりますが、飲むのをやめるとイライラが募ることから、さらに飲む量を増やすようになっていきます。アルコール依存症の怖いところは、自分の意思ではやめられないことです。飲んでいて楽しいのは最初のうちだけで、同じ量では酔えなくなっていき、アルコールの量をコントロールできなくなった人は自分を責めながら気分が落ち込み、うつ状態に陥ります。治療では、お酒を断つ必要があり、治るまでに時間がかかります。