FX 比較でわかるスプレッドとスワップポイントの重要性

FX取引をする際に非常に重要な要素の一つがスプレッドです。スプレッドとは通貨の売値と買値の差ことで、FX取引をする際に売り買いを頻繁に行うデイトレードでは、特にこのスプレッドが少ないことが負けない鉄則にもなっているくらいです。各FX会社に通貨毎スプレッドが表示されていますが、現在では多数のFX 比較サイトがある為、そちらを参照すると、各社スプレッドが異なることがわかります。

スプレッドが高い会社もあれば低い会社もあります。基本的には、手数料が低いほうがよい為ため、FXを始める前に必ず各FX業者のホームページでスプレッドを確認しておきましょう。ネームバリューだけでFX会社を判断せず、よく吟味した上でスプレッドが低い業者を選びます。

もう一つ重要なのがスワップポイントです。簡単に言うと、ある通貨を買った場合に、一定時間が経過すると、保有していることによる金利が付くのがスワップポイントと呼ばれます。こちらもFX 比較を行うと、通貨毎に各社のスワップポイントが異なります。通常、FX取引は売り買い中心のデイトレードのイメージが強いですが、長期保有することでスワップポイントが付加され、資産を増やす方法もある為、安定的に資産を増やすこともできます。ただ、円安による円の価値が下がった場合は損をする可能性がある為、無くなっても良いくらいに思える余裕資金で行うことをおススメ致します。

PAGETOP